介護離職ということ

介護から離れてみて、思うこと。

介護って、ホントにせわしないな。

ってことです。

あと、ものすごい喪失感です。

今まで普通にあった日常が、全てなくなってしまった。

そんな感じです。

他の介護離職した人達もそうなのかな。

ということで、今回は介護離職について考えたいと思います。

まず、介護の仕事を離職する理由について考えます。

介護を離職する理由としては、

ステップアップのため。

違う施設へ行くため。

というのが、介護という分野での離職の理由になるかと思います。

あとは、人間関係がうまくいかないからというのもあるかもしれません。

というか、この理由が一番多いでしょう!

介護の仕事をしている時に思っていたのは、

介護をしている人たちがみんな楽しくなさそうに仕事をしているということでした。

結局は、同僚のあの人がちゃんと仕事をしないとか、あの人は嫌いだとか好きだとか、そういうことにばかり目がいってしまっていたんです。

それって、もったいないですよね。

介護が嫌になって離職するんではなくて、この人たちとは一緒に仕事したくないという気持ちから介護をやめてしまうのはホントにもったいない。

介護をやめなくても、施設を変えてしまうことになることも、その施設にとってもマイナスだし、やめた人にとってもいちからのスタートでまた仕事を覚えなくてはいけないというストレスも出てくる。

人間関係で仕事をやめることっているのは、どの仕事でもそうですけれど、会社にとっても、辞める人にとっても、辞められた同僚の人たちにとっても大きなマイナスですよね。

じゃあ、どうすれば介護の仕事を人間関係でやめることが無くなるのか。

無くなるまではいかないけれども、少なくなるのか。

私の考えとしては、仕事を趣味にする意識を持つということが一番効果があると思っています。

趣味にするといっても、遊びにするということではなく、仕事というものを楽しんで、習慣化するという意味です。

仕事に対して、嫌なものという意識で仕事をしているからこそ、他人が気になるんです。

仕事を趣味にすることで、自分にフォーカスが向くような気がしませんか。

今していることは、自分の趣味なんだ。

そう思うことが出来れば、何に対しても寛容になれるんです。

それが、離職を少なくすることに繋がると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です