伝えるって大事

伝えることって、伝わることよりも難しいと思いませんか。

伝えるって大事なことだけど、本当に相手に伝わっているのか不安になることも多いはず。

今日は、伝えることって難しいけど、伝えられることが出来たらうれしいよねっていう話です。

 

まずは伝わるってことがどういうことかというと。

 

相手の話を聞いて、納得することだと思っています。

納得する=伝わっている。

 

だからこそ、会話が成り立っているはずです。

じゃあ、伝えるって。

 

その反対で、相手が納得することが、伝えることが出来ている状態だと思います。

 

どちらか一方でも納得していなかったら、どちらかには伝わっていないということになります。

 

伝わる、伝えるの定義がなんとなくできたところで。

 

伝わるっていうのは、意外と簡単なんです。

自分が相手の話を聞いて、納得すればいいだけなんですから。

 

納得できないことがあっても、最後まで相手の話を聞いていれば納得できたり、話が終わってから納得できたり、自分のことって案外簡単に納得する方向に持っていけるんです。

 

逆に、伝えるっていうのはとても難しいです。

 

相手の目を見て、話していても、相手が何を考えているのか、また、何を思っているのか。

 

まったくわからないからです。

想像はできます。

でも、本当の意味で分かってはいないはずです。

相手が、会話の中で自分の気持ちを話してくれることもあるでしょう。

 

しかし、その気持ちが本当の気持ちなのかどうなのかは結局わからないのです。

伝えるってことの難しさはそこにあるのです。

相手の気持ちが分からないからこそ、伝わっているのか不安になる。

 

伝わっているかもしれない。

 

伝わっていないかもしれない。

 

でも、そこが伝えることの奥の深さなのかもしれません。

 

伝わっていても、伝わっていなくても、伝えなければ伝わらない。

 

相手が納得しても、しなくても、自分から伝えること。

 

伝えるって、とっても大事なことなのかもしれない。

 

自分が思っていること。

自分が考えていること。

 

思っている。考えている。だけでは、何も伝わりません。

 

自分から伝えていく。

 

その大事さ。

 

今までの私はそれが出来なかった。

 

そして、伝えるときに大事なことがあります。

 

それは、相手のことを思うこと。

 

相手のことを本当に思って話す、もしくは伝える。

 

それがあるだけで、伝わりやすくなる。

 

伝えるだけで、何かが変わるかもしれない。

 

相手を思って伝えることが出来れば、自分のことを思うこともできる。

 

一石二鳥なんです。

 

まずは、伝えること。

 

それが出来たら、相手のことを思って伝えること。

 

これが出来たら、いつの間にか、自分のことを大事にできる自分になる。

 

と思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です