心の安定

久しぶりの更新になりました。

この1か月、自分の心の安定に時間を使っていました。

心の安定。

それは私にとってとても重要なことです。

心が不安定だと、何に対しても負の感情を抱いてしまうと思います。

それも、心が安定しているのか、不安定なのかは自分ではわからないのです。

自分の心の状態を知る一番の方法は、他人と比べることです。

簡単に言えば、人と接することによって、自分の心の状態が見えてくるのです。

最近の私は、色んなセミナーとか、ボランティアとかに参加して、自分と他人を比べたり、久しぶりに同級生と会って他愛もない話をしたり。

人と接すること、そして人に関わること、そこから自分の心の状態と向き合うことをしていました。

その中で重要なのが、人と接するときに自分の心を隠さないということです。

自分の心を隠さないとは、

自分が思ったことは話す。

自分が嫌なことはしない。

そして、自分の心を開放するイメージを持つ。

これです。

自分の心の状態を知る時、自分の心を守る方法を考えなければなりません。

自分の心を守る方法が、今言った3つなのです。

特に大事なのが、自分の心を開放するイメージを持つということです。

心を開放していたら、逆に傷つくのではと思うかもしれません。

そこで、イメージを持つということがカギです。

自分の心を開放するイメージを持つこと、それは、逆に言えば心をイメージで守っていることになるんです。

このイメージすること、言葉を変えれば想像力が心の安定を保証することに繋がるのです。

心の安定で一番大事なこと、それは他人の痛みを想像できる想像力があることです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です