結局介護したいってこと

介護ってなんでこんなに魅力があるんだろうか。

就職のことを考えている中で、前よりももっと介護の魅力に気づけました。

今までは、自分が介護をしている中で見つけた介護のコツみたいなものを紹介したりしてきました。

その中で、自分の未熟さに気づけたり、自分の思想的なものを書いてみたり、色々してきた中で、、

やっぱり介護って、魅力があるんだな。

と再確認できました。

それは、就職活動をしている中でもです。

違う仕事に就こうかなとか、周りからも、介護は大変だから違う仕事の方がいいんじゃないかとか、言われましたけど。。

結局、介護の仕事が好きなんだなって自分で思いました。

介護の魅力って、いっぱいあるんですけど、、

やっぱり私的に一番の魅力は、

正解がないことなのかもしれません。

介護には、これという正解がない。

だからこそ、自分で考えて動いたことが、どういう結果になるのか分からない。

そして、他の仕事と一番違う点が、介護という職種は型が無いというのも魅力の一つかもしれません。

とにかく、やろうと思えば何をしても、喜んでもらえれば、自分がうれしいと思えれば、それでいいんじゃないですか。

介護のイメージって、悪いと言われていると思います。

確かに、介護の限界を感じた時もありました。

介護をしているだけで、人は幸せになれるのかとか。

職員と利用者の関係が、いつの間にか職員が偉くなってしまっているんじゃないかとか。

施設に入ると終わりだとか。

でも、それって知らないからであって、実は解決できることでもそのままにされていることっていっぱいあるんじゃないかと思います。

特に、自分でよく知らないのに、知った気になってしまっている状態が一番危険だなとよく思うんです。

介護はきついとか、汚いとか、介護はなんだか嫌なものなんだとか。

介護をするにあたって、一番やっちゃいけないことは閉鎖的になることです。

もっと、自分の今の状況を開放することが必要だと思います。

それも、今の自分が出来る方法でいいんです。

介護を知ると、絶対離れられなくなります。

まあ、結局はいつかは誰かの介護をしなければならないんですけれども。

したくなくてもしなければならない日が来るかもしれません。

話がだいぶずれましたが、

今の私の状況は、めっちゃ介護したいなって気持ちで一杯ってことです。

介護をしなければならない人も、介護をしたいと思っている人も、介護をしたくないと思っている人も、

何かを発信することって、実は世界のどこかの人を笑顔にできることかもしれないんです。

笑顔。

目の前の人を笑顔にすることを意識することが、結局は自分の笑顔につながるのかなって思います。

簡単そうに見えて、人を笑顔にすることってとても難しいことなんです。

ただ、一つコツがあります。

それは、その人の笑顔を想像することです。

笑顔を想像することは、その人の笑顔に絶対繋がります。

介護もそうです。

自分が笑顔になることも重要ですけど、それよりも利用者さんを笑顔にすることを考えることの方が重要です。

誰かを笑顔にしたいとき、その人の笑顔を想像する。

それが出来れば、自分もいつの間にか笑顔になっているはずです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です